本文へ移動

会社概要

クリックすると拡大します
・本社事務棟
 
・本プラント
 
・ミニプラント
 
・ワックスプラント
 
・エステルプラント
 
・充填室
 
・製品倉庫

会社概要

会社名横関油脂工業株式会社
代表取締役 横関 長太郎
取締役 伊藤 幸一郎
執行役員五十嵐 信孝
執行役員橋本 芳樹
本社
〒319-1556
茨城県北茨城市中郷町日棚字宝壺644-49 中郷工業団地
TEL:0293-42-1464 FAX:0293-42-3260
本社工場
〒319-1556
茨城県北茨城市中郷町日棚字宝壺644-49 中郷工業団地
TEL:0293-42-1464 FAX:0293-42-3260
南中郷工場
〒319-1556
茨城県北茨城市中郷町日棚字宝壺2128-2 南中郷工業団地
TEL:0293-43-7720 FAX:0293-43-7721
東京支店
〒103-0027
東京都中央区日本橋2-15-5 PMO日本橋二丁目 10F
TEL:03-5201-3100 FAX:03-5201-3101
設立年月日1948年
資本金2,880万円
従業員数92名
業務内容
食用、化粧用、工業用油脂および天然ワックスとその関連製品、
油脂化学品の製造販売及び、受託研究、技術相談
取引銀行
みずほ銀行 日立支店
常陽銀行 磯原支店
筑波銀行 磯原支店
日本政策金融公庫 水戸支店
商工組合中央金庫 水戸支店

沿革

1948
横関銀市郎(故人)が横関油脂工業所を東京都新宿区西落合に設立。魚油硬化油の製造開始
1950抹香鯨油からセタノールを抽出、製造開始
1953食用ラードの製造開始
1960国産豚脂の集荷を開始。現在の油脂加工業の基礎を作る。
1961資本金200万円の株式会社組織に改組。社名を横関油脂工業株式会社と改める。
1965飼料用牛脂の製造開始
1969ひまし油の硬化油、脂肪酸など二次製品の製造開始
1976JAS基準の食用油脂の製造開始
1977JAS認定工場(精製ラード)となる。
1980食用精製加工油脂(分別油)のJAS認定工場となる。
1981食用精製加工油脂(硬化油)のJAS認定工場となる。
1982マーガリン、ショートニングのJAS認定工場となる。
1990本社工場を茨城県北茨城市に移転
1992ミニプラント新設
1993天然ワックスの製造開始
1996東京営業所を東京支店に改組
1996ワックスプラント(2T/B)新設
1998ミニプラント3系列に整備。
20013.3トン水添設備、フレーカー新設
2003エステル工場新設
2004HACCP認証取得(本社工場) 自家発電設備導入
2007ISO9001認証取得(本社工場、東京支店) 合成反応工場新設
2009東京支店、日本橋本町へ移転
2010液体水素貯蔵施設新設
2012本社事務棟新設
2013危険物製造所建屋新設
本社工場エネルギー転換・LNG化
2014新脱臭塔稼動開始
社債発行 (1~3回)
2015南中郷工場竣工
2017東京支店 日本橋2丁目へ移転
社債発行 (4回)
研究棟新設
1
5
6
2
7
1
TOPへ戻る