ワックス類

ライス

 
ライスワックスは唯一といって良い国産ワックスである。
米を精製する段階で発生する糠から 米油を製造する際に抽出した米油の中に不純物としてワックスが混ざっておりこれをさらに溶剤抽出して得られたものがライスワックスの粗ロウである。これを精製したものがライスワックスとなる。
 
◆ 性状
   ○ カルナウバ、キャンデリラに次いで硬いワックス
   ○ 溶解は極めてシャープ
   ○ 結晶性が強い

精製ライスワックスS-100

精製ライスワックスS-100



入目・荷姿  20kg/袋 

  形状    ペレット

  特徴    一般品

         高融点・結晶が大きい

         融点78.0℃

  用途    離型剤、樹脂滑材、繊維油剤

    

         

精製ライスワックスR-100

精製ライスワックスR-100



入目・荷姿  20kg/袋 

  形状    ペレット

  特徴    硬化油混合品

          (コメヌカロウ、水添パーム油、水添菜種油)

         融点73.0℃

  用途